微生物グループ

微生物は、ヒトに脅威と恩恵をもたらす生き物です。微生物とうまく付き合うためには、微生物を良く知ることが大切です。
私たち微生物グループは、教育・研究・社会貢献を通じて微生物に関する知識や技術、そして知ることや考えることのおもしろさと大切さを
学生や食品製造従事者、地域住民に伝えていくことを活動の目的としています。

教員紹介

微生物グループは現在、松永藤彦と稲津早紀子の教員2名で活動しています。

  • 松永 藤彦教授

    • 専門分野・・・食品微生物・殺菌理論
    • 所属学会・・・日本食品微生物学会・日本防菌防黴学会・ 極限生物学会・日本理科教育学会
    • 担当科目・・・食品微生物学・殺菌技術・微生物実験I・殺菌演習・ アセプティック飲料製造実習・微生物実験II・ 卒業課題研究

    皆さんは微生物と食品との関係について何を思い浮かべますか? 微生物を活かして作る食品もあれば、安全のために殺菌や増殖制御が必要な食品もあります。 37億年ともいわれる歴史を持つ微生物とどう付き合ったら良いのか、一緒に学んでみませんか?

  • 稲津 早紀子講師

    • 専門分野・・・食品微生物・食品衛生
    • 所属学会・・・日本食品微生物学会・日本理科教育学会
    • 担当科目・・・生物学・食品衛生学・微生物実験I・微生物実験II・ 卒業課題研究

    この世界は細菌やウイルスなど目には見えない小さな生き物、「微生物」で溢れています。生きていく上でも、食品業界を目指す上でも、彼らをよく知りうまく付き合うことはとても大切です。「微生物」という生き物の驚異と恩恵、「微生物」という学問の面白さと奥深さを一緒に学び、体感しましょう!

教育

私たちは教育において、単なる知識・技術の詰め込みではなく、知識・技術を活用できる人材の育成を目指しています。「覚えること」ではなく、「理解すること」に重点を置いた学びを展開しています。
1年次には「生物学」「食品衛生学」「食品微生物学」が開講され、生き物や微生物の基礎、ヒト・微生物・食べ物の関わりを学びます。また「微生物実験Ⅰ」では講義で身につけた知識を活かしながら、微生物の取り扱いや制御に関する基本的な技術を修得します。1年次の「殺菌技術」と2年次の「殺菌演習」では、包装食品の製造において重要な加熱殺菌理論について学びます。また、「微生物実験Ⅱ」では、微生物に関するより専門的で幅広い知識の修得を目指します。
学内、学外において食品業界に在籍する社会人を対象とした講習会の講師も務めています。

【2021年度の実績】

学術論文

  1. 1)稲津早紀子「本学学生の大学教育観と学びに対する姿勢に関する調査(査読付)」東洋食品工業短大学紀要第6号(2022年3月)

外部講習会等

  1. 1)松永藤彦「変敗事故分析や原材料調査、製造環境調査から見えた変敗原因微生物の性状」日本食品工業倶楽部(2022年2月)

研究

安全安心な食品作りには、作業従事者の衛生管理に関わる知識と技術の充実が欠かせません。私たちは、食品製造に関わる作業従事者一人一人の微生物学的リスクに対する意識変化を目指し、研究に取り組んでいます。研究成果は公にし、食品業界や消費者へ還元しています。
近年は、食品製造現場で環境調査(浮遊菌検査・塵埃検査・拭き取り検査など)を行い、微生物汚染状況の把握と一般衛生管理の改善に取り組んでいます。また、変敗原因菌の性状解析を行い、変敗防止に役立つ知見を提供しています。HACCPプランの立案や科学的検証に関する研究、大量調理に携わる作業従事者の意識改革などにも取り組んでいます。

【2021年度の実績】

表彰

  1. 1)稲津早紀子、松永藤彦「第42回 日本食品微生物学会学術総会 一般講演優秀発表賞」受賞(2021年)

学会発表

  1. 1)稲津早紀子、松永藤彦「大量調理施設従事者の微生物管理に対する知識と意識の向上を目指して(web開催)」第42回日本食品微生物学会学術総会(2021年9月)

学術論文

  1. 1)松永藤彦、島田卓興、稲津早紀子「アガベシロップより分離された耐熱性好酸性菌の性状」日本食品微生物学会誌38巻1号(2021年)
  2. 2)稲津早紀子、松永藤彦「5歳児を対象にした科学実験の立案と実践(査読付)」東洋食品工業短期大学紀要第6号(2022年3月)
  3. 3)稲津早紀子、藤平晴香、松永藤彦「国産大豆から分離したPaenibacillus属細菌の性状解析および豆乳変敗リスクの分析」日本食品微生物学会誌39巻1号(2022年)

総説等

  1. 1)松永藤彦「加熱殺菌の最適な条件設定と殺菌工程の管理手法」月刊食品工場長(2021年)
  2. 2)松永藤彦、稲津早紀子「緑茶カテキンによる微生物制御と容器包装詰め緑茶飲料における安全性(査読付)」東洋食品工業短期大学紀要第6号(2022年3月)

社会貢献

私たちは、私たちの知識と経験を多くの人へ還元すること、知ることのおもしろさや大切さを多くの人に伝えることを目的として活動しています。
2016年度から園児や児童、地域住民を対象に体験型学習、「科学あそび」を提供しています。これまでに手洗い効果の検証、顕微鏡観察、納豆の観察と製造、梅干しの抗菌効果など、様々なプログラムを立案・実践してきました。これからも参加者にとって何かを考えるきっかけ、何かに気づくきっかけになるような催しを実施していきます。

【2021年度の実績】

表彰

  1. 1)微生物グループ「あしたのまち・くらしづくり活動賞 兵庫県奨励賞」受賞(2021年)

助成

  1. 1)微生物グループ「かがくであそぶ・あそびでまなぶ」公益財団法人キリン福祉財団
  2. 2)微生物グループ「防災を考える・保存食を知る」ひょうご安全の日推進事業

科学あそび・体験型学習

  1. 1)稲津早紀子、松永藤彦「納豆を調べる」御殿山児童館にて(2021年7月)
  2. 2)稲津早紀子、松永藤彦「考えよう!食品添加物」公益施設ピピアめふにて(2021年8月)
  3. 3)稲津早紀子、松永藤彦「“食べる”を考える −消化のしくみ−」東洋食品工業短期大学にて(2021年8月)
  4. 4)稲津早紀子、松永藤彦「やってみよう!PCR −DNAの構造と増幅方法を学ぶ−」東洋食品工業短期大学にて(2021年8月)
  5. 5)稲津早紀子、松永藤彦「微生物を探そう!育てよう!」認定こども園もみの木千里保育園にて(2021年8月)
  6. 6)稲津早紀子、谷岡光雄、田中一忠、松永藤彦「防災を考える・保存食を知る」公益施設ピピアめふにて(2022年1月)

依頼授業

  1. 1)稲津早紀子、松永藤彦「てあらいをかんがえる」猪名川町立松尾台小学校にて(2021年9月)
  2. 2)稲津早紀子、松永藤彦「てあらいをかんがえる」猪名川町立松尾台幼稚園にて(2021年9月)
  3. 3)稲津早紀子、松永藤彦「手洗いを考える」猪名川町立猪名川小学校にて(2022年3月)

イベント参加

  1. 1)松永藤彦、稲津早紀子「今日からはじめる防災展」公益施設ピピアめふにて(2022年1月)

お知らせ

2022年8月19日(金)10:00〜12:00または13:00〜15:00に、東洋食品工業短期大学にて、中学生・高校生・一般を対象に、体験型学習「細菌の観察」を開催します!7月1日(金)より受付を開始します。お問い合わせは東洋食品工業短期大学(072-759-4221)まで。

2022年8月15日(月)10:00〜12:00または13:00〜15:00に、東洋食品工業短期大学にて、小学3年生〜6年生とその保護者を対象に、体験型学習「細胞の観察」を開催します!7月1日(金)より受付を開始します。お問い合わせは東洋食品工業短期大学(072-759-4221)まで。

2022年8月9日(火)10:00〜11:30または13:00〜14:30に、公益施設ピピアめふにて、5歳児〜小学3年生とその保護者を対象に、体験型学習「のぞいてみよう!顕微鏡」を開催します!お問い合わせは公益施設ピピアめふ(0797-85-2274)まで。

2022年7月29日(金)10:00〜12:00に、御殿山児童館にて、来館者を対象に、体験型学習「のぞいてみよう!顕微鏡」を開催します!お問い合わせは御殿山児童館(0797-85-5155)まで。

2022年4月27日(水)松永藤彦「<Excel 演習で学ぶ>殺菌理論に基づく加熱殺菌条件の設定と殺菌値管理」テックデザイン
株式会社テックデザインのオンライン講習会にて、加熱殺菌条件の設定および殺菌値の算出方法、さらには安全性の評価について、Excel演習を交えてわかりやすく解説します。詳しい情報とお申し込みは下記URLから。
https://www.tech-d.jp/seminar/show/5946

2022年1月22日(土)13:00~15:00に、ピピアめふ公益施設にて、体験学習型防災イベント「防災を考える・保存食を知る」を開催します!お問い合わせは、ピピアめふ公益施設事務所まで(0797-85-2274)。 *ひょうご安全の日推進県民会議による助成対象

2022年1月17日(月)10:00~12:00に、ピピアめふ公益施設で開催される『「見て、知って、考える」今日からはじめる防災展』に参加します! *ひょうご安全の日推進県民会議による助成対象

2021年10月、第42回日本食品微生物学会学術総会において、一般講演優秀発表賞を受賞しました!
研究テーマ「大量調理施設従事者の微生物管理に対する知識と意識の向上を目指して」

2021年10月、令和3年度「あしたのまち・くらしづくり活動賞」において、兵庫県奨励賞を受賞しました!
活動テーマ「かがくであそぶ・あそびでまなぶ ー子どもも大人も学べる場―」

2021年8月26日(木)、27日(金)10:00~12:00に、認定こども園もみの木千里保育園にて在園園児(5 歳児)を対象に体験型学習、「微生物を探そう!育てよう!」を開催します! *公益財団法人キリン福祉財団による助成対象

PAGE TOP