分析分野

分析グループでは、科学的な理論や分析測定の原理を身につけ、「食の安全・安心」を担う人材を育成しています。
さらに、企業と一緒に課題解決研究なども行い、より実践的・応用的な内容にも対応しています。

教育

食品や飲料には、ヒトの健康を維持・増進するために重要な成分や、風味や色などに関係する成分など様々な成分が含まれています。これらの成分は、保存されている間に少しずつ変化します。製品の品質維持や健康を害するリスクを評価するために、含まれる成分を数値化して管理することが必要です。
私たちは、成分変化の科学的な理論や分析測定の原理を修得できるカリキュラムを設計し、食品や飲料の品質管理や開発に役立つ人材を育てています。器具の取り扱い方などの基礎知識や、前処理などの分析準備、分析結果の解析方法を中心に授業・実験を行っています。また、色々な分析機器を用いた食品製造企業との課題解決研究など応用的な内容も授業・実験に取り入れています。

教員紹介

お知らせ

HPリニューアルしました。

PAGE TOP