お知らせ

第15回 定例講演会を行いました。

2019年11月22日

2019(令和元年)11月22日(金)午後1時半より、定例講演会を開催しました。今回は、「食の果てしない多様性」にまつわる2つの講演を行いました。


まず、第1部では、一般社団法人日本冷凍食品協会の三浦佳子氏をお招きし、冷凍食品は安全で安心できる食品で、数多くのメリットがあるなど、冷凍食品の魅力について、わかりやすくご講演いただきました。

2019lecture1.JPG2019lecture2.JPG
参加者からは、
「あまり冷凍食品はとらない傾向にあったのですが、栄養的にも衛生的にも申し分のないものだということがわかり、これからは大いに利用して安心した食生活を送りたいと思うようになりました。」
「冷凍食品は普段関心がなかったが、進化している冷凍食品に関心を持つようになりました。一度ためしてみたいと思います。」
「冷凍食品についての認識を一新させる内容でした。」
など、様々な声をいただくことができました。


休憩を挟み、第2部では、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の中沢孝氏をお招きし、普段知ることができない、宇宙での宇宙飛行士の生活の状況を交えながら、宇宙食の歴史と現在、宇宙食の活用方法について、わかりやすくご講演いただきました。

2019lecture3.JPG2019lecture4.JPG
参加者からは、
「とても興味深いお話でスクリーンから目をはなすことができませんでした。」
「宇宙食ってもっと変わっているかと思っていましたが、わりと普通だとわかりました。宇宙っておもしろいですね。」
「宇宙での水の動き、表面張力の動画はとても驚いた。」
など、様々な声をいただくことができました。


本講演会は、「食の安全・安心」に関する内容を中心に、2005(平成17)年度から年1回ずつ開催しております。昨年は、過去最多の動員数を記録し、食への関心の深さを改めて実感しましたが、15回目となる今回も、おかげさまで、過去最多の昨年とほば同数の来場者数となり、大盛況の内に閉会することができました。ありがとうございました。

今後も、地域の皆様に、食に関する情報を発信してまいりますので、ご期待ください。
  • オープンキャンパス
  • お問い合わせ・資料請求