お知らせ

第12回 定例講演会を行いました。

2016年11月25日

2016lecture.JPG 平成28年11月25日(金)午後1時半より、定例講演会を開催しました。


第1部では、「食の安全・安心」に関連し、食品会社の安全・安心への取り組み事例について、キング醸造株式会社の吉野寛氏にご講演いただきました。

参加者からは、
「食品メーカーが、常に向上心と責任感を持って事業に取り組んでいるということを知ることができた。」
「宗教対応という言葉を初めて知った。グローバル化が進む今日、日本の食品メーカーにとって宗教対応はますます重要になると感じた。」
といった声をいただくことができました。


第2部では、第1部同様「食の安全・安心」に関連し、食のリスクと対策について、九州大学大学院の宮本敬久教授(農学博士)にご講演いただきました。

参加者からは、
「食中毒の怖さについて、多くの具体的事例で解説いただき、原因や対策をよく理解できた。」
「食品には様々な菌が潜んでいることを再認識でき、加熱がとても重要であることを改めて実感できた。」
といった声をいただくことができました。


本講演会は、「食の安全・安心」に関する内容を中心に、平成17(2005)年度から年1回ずつ開催しております。そして、12回目となる今回は、おかげさまで、来場者数が過去最多を記録し、盛況の内に閉会することができました。ありがとうございました。

今後も、地域の皆様に、食に関する情報を発信してまいりますので、ご期待ください。
  • オープンキャンパス
  • お問い合わせ・資料請求