講演会

  • HOME > 
  • 講演会 > 
  • テーマ「残留農薬等ポジティブリスト制度の導入とその対策 ~食品の安全・安心を確保するには~」

残留農薬等ポジティブリスト制度の導入とその対策~食品の安全・安心を確保するには~

講演内容

1)
「残留農薬分析に関する最近の話題」
(独)農林水産消費技術センター 神戸センター 木村 康晴氏
2)
「残留農薬等のポジティブリスト制度導入と関連食品企業の対応」
(株)ニチレイ執行役員 品質保証部 山本 宏樹氏
3)
「食品衛生法(ポジティブリスト制)の改正に伴う対応について」
生活協同組合コープ こうべ総合品質保証室 森口 文雄氏

趣旨

近年、輸入食品の安全性や国内での偽装事件など、食に関する問題がマスコミで報道され、消費者からの安全に関わる要求レベルはますます高まっています。  本講演会では、食品の質および安全性向上に必要な要素および食品企業において実施されている取り組み等を紹介し、安全で安心な「食」を提供するための生産管理のあり方を考える一助となることを目的としています。

開催日時

平成18年11月20日(月) 13:30~16:30 (受付:13:00~13:20)

場所

東洋食品工業短期大学 講堂 (兵庫県川西市南花屋敷4-23-2)

※駐車場はありませんので、公共の交通機関をご利用下さい。
本学へのアクセス方法は、こちらをご参照下さい。

定員

100 名(定員になり次第締め切らせていただきますのでご了承下さい)

参加費

無料

後援

川西市

【お問い合わせ】
東洋食品工業短期大学 事務室
TEL 072-759-4221/ FAX 072-758-6959